RUINER:私的攻略メモ

CATEGORYRUINER
お久しぶりです。最近は鉄拳7をメインにやっておりましてEVOJapanにも参加して来ました。
年単位で更新がない事もザラなこのブログですが、久しぶりに記事に残しておきたいゲームに出会いました。それがRUINER。

RUINERの制作元、REIKON GAMESはポーランドの会社という事だが、このゲームからは日本のアニメ等に対するリスペクトが見て取れる。(REIKON=霊魂らしい。どんだけだ。)
何せ主人公の背中には「弟」と書いてある。なにこれ。
洋ものにしては女性イラストが可愛かったりするのも珍しい。男キャラはAKIRAに出て来そうなのだけど女性はそうでもない。



ゲーム内容はざっくり言うと俯瞰2DアクションSTGといったところか。
今時2Dのアクションなんてと思うかもしれないが、3Dだから面白いという事ではないのは言うまでもない。
スピード感と爽快感溢れるアクションに仕上がっている。

だがこのゲームの最大の魅力は、いわゆるサイバーパンクな退廃的世界観と緻密な設定にある。全体ボリュームとしては安価なDLゲームという事で大きいとは言えないが、ゲーム内のデータベースには世界、人物から武器一つ一つまで詳細な説明がなされている。こういう積み重ねが作品に説得力を持たせる事になるのだ。

また音楽がインダストリアル系というか何というか、とにかくめちゃくちゃ格好よくゲームにマッチしている。サントラ出たら買ってしまうと思う。
ローカライズの出来もとても良く、正直こんな安くていいのか、もっとお金を払わせて下さいと言いたいくらいだ。

では、ここからは例によって難易度ノーマルクリアを目指した攻略メモになります。
アプデで追加された強くて2周目モード「NEWGAME+」や新モードに関してはやってみて機会があれば書こうと思う。
では行ってみましょう。
【基本】
・カルマ
経験値のようなもの。貯めるとレベルアップしスキルポイントが増える。
レベルアップしていくと、使えるアビリティがアンロックされていく。
体力ゲージを増やしたりなどはスキルポイントをアビリティに割振る事により行われる。

・ダッシュ
一定距離を超速で移動する。
このゲームはダッシュに始まりダッシュで終わると言っても過言ではない最重要アクション。
回避や接近にダッシュを使いこなさなければあっという間に死ぬ。
連続して出せるが、ゲージ数を超えた連続ダッシュはできない。
スキルポイントによりゲージ数を増やす事が出来る。
ダッシュ中の殴りは必須テク。

また、ボタン押し込みによりダッシュ地点を指定した連続ダッシュが可能で、操作中はスローモーションになる。こちらは使いこなせれば強いと思うのだが私は面倒なので使っていない。

・ライフ、エネルギー回復スポット
所々に設置してある。全回復はしないが、しばらく待てばまた使えるようになる。

・ルイナーキル
アプデで追加された。敵が死ぬ直前に黄色い円が出る。その時にL3を押すと、派手なアクションでとどめを刺す。カルマや回復が出るのでなるべくやった方がいいのだが、その間に他の敵が近付いて来るので注意。(ルイナーキル中は無敵。)
また、円から離れていてもL3を押せばダッシュしてキルしてくれる。

【武器】
多くの武器がある為ここでは一つ一つについて説明しない。ポイントだけ書く。

・近接武器
近接攻撃力がUPする。片手持ちと両手持ちがあり、両手持ちは動作が遅いが威力が高い。
回数制限はあるが、見かけたら取るでOK。
また片手両手でパワーアタック(アビリティ)の出る技が変わる。

・銃火器
実弾系、エネルギー系と分類されており、個性的な武器が揃う。沢山あり過ぎて書けない。ここは好みだろう。

【アビリティ】
アビリティとは、カルマを貯める事によって増えるスキルポイントを使う事で使えるようになる特殊能力。
一度有効にしたアビリティを無効にしていつでも別のアビリティに振る事ができる。このゲーム最大の肝になる要素。

沢山のアビリティが存在するが、ここでは私が使った事のあるアビリティを説明する。

・エネルギーシールド
射撃系から身を守れるバリアを張る。
序盤は必須になるが、キネティックバリアがアンロックされた後はマザー戦くらいしか使いどころがなかった。
ネックは攻撃すると外れてしまう事。近接戦闘特化であればこちらでもいいが、キネティックバリアに比べるとどうしても落ちる。

・キネティックバリア
バリアを設置できる。エネルギーシールドと違い攻撃しても消えない。また、バリアを通過した敵の動きが遅くなるという、非常に強いアビリティ。設置が面倒かもしれないが、クリアには必須。

・ゴーストブレイク
敵をハックして味方に付ける事ができる。雑魚戦ではかなり使えるが、消費エネルギーが高い。

・グリッドコンバーター
エネルギーを体力に変換したり、その逆もできる。
あると便利ではあるが、スキルポイントを考えるとここに振るのは難しい。

・ショックランチャー
敵をスタンさせる。ボス戦では最重要アビリティと言っていいかもしれない。
ボスでも無効化はされない為、雑魚、ボスともに最後まで使えるアビリティ。

・リフレクブースター
時間の流れを遅くする。非常に強いが、このゲームのスピード感をスポイルすると感じる為、私は封印した。クリアしたいだけなら非常に有効なアビリティ。

・ダッシュ
ダッシュが重要なこのゲームにおいては、ここにはスキルポイントを振らざるを得ないだろう。どこまで振るかはお好みで。

・パワーアタック
両手持ちのパワーアタックがボス戦で非常に強力。要するに室伏。
片手持ちのも強いので使い勝手はいいが、エネルギーを消費するため頻繁には使えない。これにスキルポイントを振るかどうかは微妙なところだが、ショックランチャーからの両手持ちパワーアタックは魅力的。物流王も2回で倒せる。

・武器活用
・リソース最適化
これらは基本ステータス強化系になるのでスキルを振れば振るほどゲームは楽になる。その為、基本は振る方向になるが自分の腕と相談だろう。

=====

【ステージ別攻略メモ】
このゲームには多彩なアビリティが揃っており、攻略法も人それぞれになるのだろうと思うので、ここに書くのはあくまで私の攻略という事をご了承いただきたい。
難易度はアップデート後のノーマル基準にしている。
(ちなみにイージーでも十分難しいので、初めて触れる人にはイージーをお勧めしたい。)

■ヘブン
チュートリアルステージであるが、決して簡単というわけではない事に注意。
むしろまだキャラが育っていない前半線の方が厳しいゲームな気がする。

・ワタヤマ主任
時間内に雑魚を倒さないといけないが、ワタヤマ自体は近接戦闘を仕掛ければOK。ただし少しでも間合いが開いてショットガンをモロに食らったらワンパン死もあるので危険だ。

■レンゴクサウス
いわゆる街。怪しい奴やガンギマりな奴しかおらず、歩いているだけで楽しい。
各ステージの谷間で戻る事になる。
やる事は毎回同じで、次ステージに進む為のフラグ回収と、ミッションの消化。特にCATSのハックはダルいが補給物資が貰える為必須となる。易者は預言を聞かせてくれるけど、メリットはよくわからない。
退廃的雰囲気を楽しもう。

■クリープ団の根城
実質最初のステージではあるが、まだアビリティが殆ど使えないためかなり苦戦を強いられる。
何個かあるトラップはこのステージ死亡率No1かも(私もよく死ぬ)。センサーの赤い線が見えたらシールドを発動すればいいが、あまりモロに受けるとシールド解除され2発目で死亡となるのでダッシュで下がるといい。
赤いセンサーは背景の関係もあり見逃す事もしばしばだ。

・ジュレク
ワタヤマさんと同じ。ショットガンなので近接戦闘を仕掛けよう。

・ドンヴィウス
うーん。プレデターと火炎瓶投げてきます。近接でも射撃でも良いでしょう。

・ナーヴ
最高に格好いいクリープ団のボス。近接が強いので殴り合いはやめる事。
飛んだ時は爆弾落としてくるがあんまり動かないほうがよさげ。
闘いの後、主人公はナーヴの刀を引き継ぎ、クリープ団を従える事になる。主人公はどうでも良さそう。(ちなみにまったく助けにはならない笑)

■ハンザ複合工場
炎を纏った雑魚が強い。近接攻撃をも弾くバリアを装備しているため苦労するが、ショックランチャーやキネティックバリアでしのぐしかない。ゴーストブレイク使った方がいいかも。

・ボグダン
はっきり言って強い。
基本的にはキネティックバリア越しに射撃がいいと思う。近づくとワンパン死する。

・マザー
エナジーシールドを装備し、レーザーを凌いだら撃ちまくる。これだけ。

・ホンシ
近接系なので特に問題なし。

・シャドー
うーん・・・適当でいいです。

・物流王
4か所あるジェネレーターみたいなのを全て壊す。その時に、ジェネレーター四方の中に物流王が居れば奴が落ちてくるのでボコボコにしよう。両手持ちパワーアタックなどあると楽。

■空想農場
ホストというゾンビのような敵は、湧き出る場所を破壊しないといつまでも出てくる。攻撃は近接のみだが、バカにならないダメージになる。
ヘルファイアがやたらと沢山出てくるのでそれで焼き尽くそう。

・ヘビーサイボーグ
お前何回目?と言いたくなるマザーの後に出てくる。
あまりにも芸のない近接脳筋奴。
普通に離れて撃っているだけで死ぬがショックランチャーを使うとなお楽。

・ナーヤク
個人的にはボグダンと並び最強ボス候補かなと。レールガンを持っており、照準が中心まで来た所で止まると瞬殺される。ショックランチャーはあまり効果がなく、近接も危険なためキネティックバリアを置きまくり、距離を取ってBRTランチャーなどの強力な火器で撃つのがいいと思う。

・キングサイボーグ(物流王ハイパーモード)
近接系だがついでに火の弾も撃ってくる。1回倒すだけならショックランチャー+射撃で問題ないのだが、2回も復活してくる為長期戦となり、トータルで非常にきつい。
特にジャンプから繰り出す攻撃は絶対に避けるつもりで行かないと体力が持たない。

余談だがこのステージの物流王に対する扱いは眉をひそめるくらい酷い。因果応報とは言え、物流王カワイソス。

・コーグ
キネティックバリア越しに射撃
弱いのでこれしか書く事がなかった。

・シックシスターズ
左右のエンジェルは固いが壊せる。しかしあまりにも固いのでお勧めしない。
まずは右下の死体の山を壊す。その後、右のエンジェルの陰からレーザーに当たらずシスターズを撃てる場所があるので、キネティックバリアを左に張りつつそこからシスターズを撃つ。体力が無くなってきたらホストを倒しまくって回復を狙う。

これでやらないとすごく厳しい戦いになる。

■ヘブン
ラスト。
今までの雑魚敵がわらわら出てくる。
途中ヘビーサイボーグが2回出るが相変わらず弱いし、ここまで来れた人なら問題ないだろう。
だが敵が四方から出てくるので、キネティックバリアじゃないと厳しいかも知れない。

今回はここまで。次があるといいな。

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply