THE END OF ARCADIA

THE END OF ARCADIAという小説があって、一度行った事のあるバー、16Shotsに置いてある本という事でTwitterかなにかで目に入ったので読んでみました。

http://www.undersell.co.jp/arcadia/books

著者は大塚ギチさんというかたで、私はゲーム雑誌などで目にしたことがありました。

昔スコアラーだった男達の話です。
対象ゲームはダライアス。

短い小説ですが、世代が被ることもあって、とても引き込まれ、一気に読んでしまいました。

ゲームがテーマなんだけど、何か、ハードボイルド小説に近いものがあるなぁと思いました。
ダライアスが稼動していた当時を知る人には強烈にオススメしたい本です。


ところで、この小説で自分の記憶から呼び起こされたものがあったんです。
今回はそれを書いてみます。

私は中学生くらいの時からゲーセンに入り浸っていたわけなんですが、最初はどのゲームも難しくて、クリアするのがやっとでした。
ところが、「グラディウスⅡ」に出会って、このゲームでハイスコアを出してみたいと思ったんです。
常連の数人で競い合って、最初はそれぞれのお気に入りの装備でどこまで行った!とか、競い合っていたんです。

半年くらいまではそんなに差が無かったんですけども、徐々に差がつき始め、私は取り残された感じになってしまったんです。確か最高でも3週目くらいで。
でも、他の人はどんどん高次週に進んでいって、そのプレイを見ていると、とても自分にはできない、と諦めてしまったんです。
そして、その人達でも、全国レベルとは言えなかったんです。その事はすごいショックでした。

後から考えてみると、このことは人生の中でも非常に大きな出来事だったなと。


今思えば、あのグラⅡの出来事から、自分で限界点を設定してしまうようになったんだなと。
多かれ誰にでもある事なんでしょうが、しみじみとそう思います。


この小説を読んで、そういう思いが溢れてきました。

関連記事

COMMENTS

2 Comments

There are no comments yet.

ゆう  

お久しぶり~

あ! たいちょ~! おひさしぶりぶり♪
TSDはまだ解散してないでしょ?

最近、ダンナの借りてきたマクロスFを見てたら、プロジェクト・シルフィードが久しぶりにやりたくなってきましたw
なにかイイSTG出てきたら(縦弾幕除くw)、また一緒に飛びましょう。

ブログもしぶとく生き延びています^^/

2013/04/27 (Sat) 20:47 | EDIT | REPLY |   

谷底  

Re: お久しぶり~

TSDは解散しとらんが皆個人で傭兵活動しておるぞ。
イイSTGか・・・今、無いね。(涙)

プロジェクトシルフィード2発売希望署名やったろうかと思うくらいだな。
ゆう隊員も死ぬんじゃないぞ。

2013/05/14 (Tue) 10:15 | EDIT | REPLY |   

REPLY

Leave a reply