ソウルキャリバー5:vs集会所後記

今回は谷底部屋vs集会所のいきさつ、当日の様子などを。
リーダーはこんな感じでやっているんだ、というのが伝われば幸い。

・いきさつ
集会所というのは強豪ジーク使いのまくさん率いる集団で、以前から交流のあったまくさんからどうでしょう?てな感じで話を受けました。
実は、Strike2のワイルドカードで集会所とは当たっていて、その時はウチが勝ってます。(ワイルドカードなので代表戦のみでしたが)ですが、その後の試合で、ほかのチームで出ていたナオさんに、大接戦の末ウチのエースであるタケが負けてるという因縁もあったりなんかして。
対抗戦が決まってからは、まくさん、くどうさんとレギュについて打ち合わせつつ日程調整。これだけの人数だと、揃えるだけで大変です。今回は、谷底部屋でもトップクラスの旨さを持つえんちゃんが都合が合わず残念ながら出れませんでした。

長いので続きます。
・試合当日
当日までに、各メンバーから集会所面子の得意、苦手情報を収集して、ある程度戦略みたいなものは立ててました。
先鋒はギリギリまで自分が行くかどうか迷いましたが、結局、キャラも万能タイプで勝負強さも持っているテンソン君に決めました。
実はクレスターさんが先鋒を希望していましたが、後に取っておきたかったので却下しました。

集会所ではさわづま君、ナオさん、けいちゃんを特に要注意人物と認識していて、この三人を如何に止めるか、というのを考えてましたね。他のメンバーも弱い人は一人もいないので、厳しい戦いになると思っていました。

いざ開始すると、まずびっくりしたのがくどうさんの演出でしたwいやー、素晴らしかったと思います。おおさかさんまで来てくれて、淡々とやるつもりだったのに、何気に豪華な事になったなーと思いましたね。おおさかさんの解説もすごく良かったですしね。動画勢の力を思い知らされた感じ。

・第1試合 テンソン(パトロクロス)×-○きーる(ナイトメア)
先鋒のテンソン君がきーるさんに負けてしまいました。ここで早くも計算が狂った事になります。テンソン君に三人くらい抜いてもらうつもりでしたからね。思い通りにいかないのが勝負という事を思い知らされました。

・第2試合 まっぴー(ヴォルド)×-○きーる(ナイトメア)
次はまっぴー君に行ってもらいましたが、惜しい所で負け。勝っていてもおかしくない試合でしたが、きーるさんの勢いを止められなかったですね。
この時点でかなりヤバいなーという感じがありました。きーるさんを止めないとマズイ。という事でメア得意と言っていたアフロ君に出てもらいました。

・第3試合 アフロ(アイオーン)×-○きーる(ナイトメア)
そのアフロ君まで負けてしまい、オイどうすんの俺状態。ここで残りのカードを確認。序盤でこれ以上エース級は出したくない、だけど止めないとマズイ。という事で、最近メア戦を多くこなしていて少し自信があったのと、あまり後半に出ても役に立たないと思ったので、自ら行くことに。

・第4試合 谷底(マキシ)○-×きーる(ナイトメア)
ラッキーもあってなんとかきーるさんを止めることができました。でもまだリードされているので行けるとこまで行ってやんぜと思ってました。

・第5試合 谷底(マキシ)×-○らいあ(ジークフリード)
ここで集会所はらいあさんが出てきました。らいあさんはマキシ対策もある程度できている相手で、しかも運悪くマキシの鬼門である無限ステージを引いてしまいました。試合は5Rまでもつれはしましたが最後は負けてしまいました。
最低限流れを止める事はできましたが、まだまだ集会所有利な状況。ここで鉄節さんをセレクト。鉄節さんは集会所面子はみんなかなり厳しいと言っていたので、祈るような気持ちでコール。

・第6試合 鉄節(ナイトメア)○-×らいあ(ジークフリード)
鉄節さんがらいあさんを下す。ここで誰が出てくるかと思っていたらナオさんでした。
随分早いなー、計算外だなと焦る。そして祈る。

・第7試合 鉄節(ナイトメア)○-×ナオ(アルゴル)
ここが最大のポイントだったと思います。ナオさんを乗せてしまうと一気に何人も抜かれる可能性があったので、ここで止められたのは本当に大きかった。
この試合は語り継がれていい内容。ソウルバーン最高。

・第8試合 鉄節(ナイトメア)○-×ウフコック(レイシャ)
鉄節さんの勢いが止まらないです。これが勝ち抜き戦の怖いところ。最終ラウンドはギリギリの戦いになりましたが鉄節さんが押切りました。
谷底部屋Skypeは「てつぶし」コールが鳴り止まない状態に。これで4-4のタイに持ち込みました。

・第9試合 鉄節(ナイトメア)×-○すずきん(ナツ)
苦手のナツ相手で、鉄節さんの勢いもここまで。4-5と再びリードを許す展開。
ここで、元々先鋒希望で出たくてウズウズしてるであろうクレスターさんをチョイス。
クレスター劇場の幕開けでした。

・第10試合 クレスター(シバ)○-×すずきん(ナツ)
・第11試合 クレスター(シバ)○-×すいよーび(吉光)
・第12試合 クレスター(シバ)○-×けいちゃん(ミツルギ)
・第13試合 クレスター(シバ)○-×さわづま(ティラ)
・第14試合 クレスター(シバ)○-×かずあき(ナイトメア)
・第15試合 クレスター(シバ)×-○ひみとら(ヒルダ)
相手の主力をブルドーザーのようになぎ倒して、なんと怒涛の5人抜き。恐ろしい男です。味方で良かった・・・。
相手ラストのひみとらさんに止められはしましたが、こちらはエース級が4人も残っている状態。4-5から一気に9-6と大幅リード。

・第16試合 アームズ(αパトロクロス)○-×ひみとら(ヒルダ)
最後はヒルダ戦に自信を持っているアームズ君に締めてもらいました。危なげない試合運びで、10-6で対抗戦終了。

余談ですが、こちらに残っていたのは以下3人。
ウズ(パトロクロス)、ねがい(アイヴィー)、へっぽこタケ(アスタロス)
まくさんに「街を一つ滅ぼせる」と言わしめたメンツ。しかし、以前行われただすかぷ3on3決勝において、この3人がまくジークにゴボウ抜きされたという恐ろしい故事があります。もしまくさんが参加していたら・・・と考えるとガクブルせざるを得ないですね。
いかにまくさんでも再びこの3人を抜くのは難しかったとは思いますが。

・最後に
谷底部屋っていうのは呼称であって、別に私の所有物ではないので、話が有ったときはみんなに意見を聞いて受けるかどうか決めてます。
基本的に楽しければなんでもいい、ていう集団なので、大体やろうやろうって話になりますけどね。
メンバーにはかなりの実力者もいますが、あまり大会とかに興味がない奴が多いのが特徴。メンバーが全国に散らばっているため、オンラインでないとまずメンツが揃いません。

クラン戦は外からすると所詮内輪で楽しんでるだけみたいに見えると思います。なのであまりおおっぴらに宣伝もしないんですが、実際に10on10やってみると当事者達はいつも凄い盛り上がります。基本的に格闘ゲームは個人競技ですが、あの一体感は一度やると病みつきになりますね。

実は、今まで谷底部屋からケンカを売った事は一度もないです。売られたら買う、というスタンスでやってます。
ですから、今後も基本的にこっちから吹っ掛けることはないと思いますが、機会があればまたやりたいですね。

すげー長くなってしまいましたが、これにて今回のエントリはおしまい。
関連記事

COMMENTS

2 Comments

There are no comments yet.

えんちゃん  

当日は確かクレスタ劇場が始まったあたりだった気がします。後から見なおしてみんなのがんばりを見ました。特にテツブシさんがすごすぎて楽しかった。またこんな祭りがあるといいですね。んで、今度は出れるように頑張ります。
遅れましたが、レポ乙でした。読んでて興奮が蘇るいい文章でした。

2013/02/12 (Tue) 17:54 | EDIT | REPLY |   

谷底  

Re: タイトルなし

えんちゃんどもですー
ぜひ出て欲しかったけど、残念でした。
次はもうない気がするけどw

2013/02/13 (Wed) 21:45 | EDIT | 谷底さん">REPLY |   

REPLY

Leave a reply