ソウルキャリバー5:Strike2参加しました

11/24(土)に秋葉原で行われた、ソウルキャリバー5のオフラインイベント「Strike2」に参加しました。
http://strikeofficial.com/index.html

思ったこと、感じたことをつらつらと。


・イベントについて
凄く楽しむ事ができました。
主催・運営してくれた方々、参加者の方々には本当にお礼を言いたいです。
特に運営の方々には本当に頭が下がる思いしかないです。
体力、気力ともに真似出来ないレベルです。本当に感謝しています。
キャリバー4時のTGNとはまた違った雰囲気で良いです。

・会場について
今回、秋葉原のアイカフェというネットカフェでの開催でしたが、あくまで一部のスペースを借り切る感じだったので、普通に一般客もいて気を遣いましたね。
正直、今までの阿佐ヶ谷Loftと比べてあまり良いとは思いませんでした。
ただ、秋葉原というロケーションはいいですね。

・5on5大会について
今回、5onのみの出場でしたのでこれについてだけ。
ブロックが別れており、ブロック1位だけが決勝トーナメント進出。
ただし、ワイルドカード枠が1チームだけある。

まず組み合わせが、各ブロックにシードとも言うべき強豪がバラけており、ぶっちゃけ一位がほぼ決まっている状態。どうやって決めたのかは知りませんが、シードチームの選出基準自体に文句はありません。
でもちょっと、あまりにも作為的というか、決勝トーナメントをこうしたいという、主催側の思惑が見えすぎていた感があります。
それはそれで間違いでは無いと思いますが、個人的にはもっと死のブロックみたいのがあってもいいと思いました。シードチームに比べ実力が落ちるチームはほぼノーチャンス状態でしたからね。
その上、ワイルドカードの組み合わせはブロックの結果がまったく反映されないくじ引きで、これではブロック戦をやった意味がないなと感じました。
結果的に盛り上がればそれでいいのかも知れませんが、大会ならではの波乱は起きようもない感じだったのが残念。

・その他
告知が遅かった。
確か開催1ヶ月前くらいだったと思います。
近郊の人間でさえ、調整つかず来れないレベルです。
最低でも2ヶ月前には告知するべきだと思うのですが・・・。



最後に、ここに書いた事は基本的には意見ではなく感想です。
同じだと思うかたもいるかも知れませんが、私の中では明確に違うものです。
こういうイベントをやっていただけるだけでも正直ありがたいと思っていますのでね。
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply