ThunderForce:振り返り&プレイ動画Part1・ⅡMD

先日、発売日に買って手を付けていなかったThunderForceⅥをプレイしてクリアしました。
・・・この作品について、色々な場所である方向の評価を見ることができますが私も概ね同様の感想でした。
開発する側には色々な事情もある事でしょうがアレはないです本当に。
 
自分としてはこのシリーズをこんな形で締めくくりたくないので、
ふと、今までのシリーズを全部プレイして動画でも撮ってみようと思い立ちました。
さすがに初代は無理なんですが、Ⅱのメガドライブ版からサターンのⅤまでやってみようかと思います。
目標は全作ノーコンティニュークリアです。がんばるぞー。
 
それにしてもⅥが酷すぎたためにこんなモチベーションが沸いてくるとは・・・皮肉なものです。
 
と、いう事でPart1はX68000版Ⅱの移植であるⅡMDから行ってみたいと思います。
ThunderForeceⅡMD
1989/Tecno Soft/MEGADRIVE
 
個人的に相当思い入れのあるタイトルです。
というのも当時のメガドライブはトホホな移植とかお○松くんとかしかなくて、
発売当初の熱もすっかり冷めてしまっていた時期でした。
そこに彗星のごとく登場したこのゲーム、私には後光が差して見えました。
 
最初にⅡを体験したのは友人宅のX68000版でした。
「なんだコレ!グラフィックも音楽もゲーセンみたいだ。」と思ったのを覚えています。
しかしX68000は当時30万円以上したので、私には無縁の世界でしたが・・・
メガドライブ版は即購入しました。
X68000と比べると落ちるのですがそれでも家でこのクラスのSTGができるというのは衝撃だったんですよ。
 
さてゲームの内容ですが、奇数面は初代を踏襲したトップビュー、偶数面はサイドビューになります。
トップビューは割と広いマップに点在する基地を全滅させるとクリア。
サイドビューは普通に横に進みボスを倒すとクリアです。
トップビューがかなり曲者で、自機のスピードが速いためすぐに壁にぶつかるし、
全体マップがないので基地がなかなか見つからない事もありました。
サイドビューはいわゆるひとつの横スクロールSTG。Ⅲ以降はトップビューは廃止されることになります。
管理人は結構好きだったですけどね、トップビュー。ボスコニアンHDとか出ないかなぁ。
難易度は高いと思いますがこのゲームというかシリーズは基本的に覚えゲーなので努力すれば誰でもクリアできると思います。
 
あとこのシリーズの魅力として必ず挙げられるのがHR/HM風の音楽。
このⅡも音楽は最高にいいです。管理人はステージ1,2と9が好き。
特にステージ1はSTG史上に残る名曲だと思ってます。
 
さて動画。
久しぶりにMDにカセット挿したら最初画面が写らなくて焦りました。
コネクタ部分をフーってして、何回かやったら大丈夫になりましたが。
結構苦労したんですがなんとかコンティニューなしでクリアすることができました。
今やっても全然面白かったですよ。
 


関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply